廻り道通信

田舎暮らしの入り口まで廻り道

綿花・畑仕事

ここが店になる?

投稿日:

こんにちは。
丸太です。
綿花も3度目の収穫を終え、かなりな量となりました。ストックしている綿を少しずつ糸にしていますが、これがなかなか時間のかかるものだと実感しています。昔は農家の女性たちが農閑期にそれでも夜なべしてした仕事だということでその大変さが分かります。

微睡みTIME

片手間にしている糸紡ぎですが、大体空き時間30分もあれば、やるようにしています。ここのところ、細く紡ぐ技術を身につけまして細さについては一定の到達を見たかなと思います。普通に紡いでいるとどうしてもダマができるのですが、よりを戻しながら少し引くと一定の細さになるんですよ。(それが正しいのかどうかは分かりませんが)ただ引きすぎると無駄に細くなって糸切れを起こします。まさに精神状態とリンクしていて、状態の良くない時は切れることも多いですね。糸を継いでいく技も身に着けたので、あとはできるだけ長く紡ぎたいところです。
しかし、これが単調な作業であることは言うまでもありません。折からの寝不足も手伝って(早く寝着くのですが、ひどい時には2時頃起きてしまいます)眠くなる、眠くなる。これは振り子のように紡ぎ器を揺らすこともあるせいなのかもしれませんw基本、椅子に座っての仕事となりますが、そんな時は立って少し運動し、しばらく立って仕事をするようにしていますが、眠気は自然の摂理と諦めて居眠りこいちゃうこともあります。当然その前後は糸が切れやすいですね。

何作ろう?

学校で作業学習を経験していますが、染め、手織りは残念なことにやっていないんですね。やっておけばよかったと思うのですが後の祭りです。それでも、隣の部屋で作業していたりするものですから、何となくのやり方は分かる。主に太めの糸を使ってティッシュボックスカバーなどを作っていました。(暖簾も作っていて、今その暖簾がキッチンと廊下を隔てています)薄めの布はどうやったら織れるんだろうとまず疑問でした。正月に簡易な手織り機を作って織ってみましたが、それで分かったと思います。要するに糸を掛ける間隔が問題なのだと。そう、私は薄めの布を織りたいんです。ただ打ち込みの要素もあるんですが、肌触りの良い柔らかな布を織るにはもう一工夫しないといけないようですね。素材は綿、薄い布とくれば勘のいい方はお判りでしょうか。手ぬぐいを作りたいです。最終的には。

染めの技術

だいぶ以前になりますが、草木染に興味を覚えて、薬品キットを買ってあります。試すことなくもう二十年くらい経ってしまいましたが、まだ使えるでしょうか。買った頃は草木からまったく違う発色を示すのが不思議でやってみたかったんだと思います。しかし、今は少しオーソドックスな染料を使いたいと思っています。藍、紅花などできればそれらの植物を栽培してみたいですがもうちょっと棉の栽培が軌道に乗ってからでしょうか。そして手ぬぐいとなると型染の技術が必要になります。こちらはまるで未知の技術ですのでどこかで習わなければならないですね。とにかく芋づる式にしなくてはならないことが出てきてますが、どれもワクワクするものなのです。

販売に耐えるものはできるのでしょうか

私は作品を作るのではなく、あくまで製品を作っていきたいです。もしできたらこの場所で売りたいと思っています。きっといろいろと作る工程もスピードアップする必要があるでしょう。もしこの場所で店を開けた折にはお得意様になっていただきたい所存です。

-綿花・畑仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

間に柱が入りました(おまけ・棉の花の画像あり)

こんにちは。丸太です。全然関係のない話なんですが、昨日、セブンイレブンで「ミルク餡まんじゅう」なるものを買いまして、美味しさのあまり、今日また買ってしまいました。セブンイレブンの公式では販売地域に千葉 …

no image

棉の芽が出てきましたよ

こんにちは。丸太です。棉の種は2回に分けて蒔きました。最初に蒔いた方の芽が出てきましたので、お知らせいたします。 今年1回目の種まきは予定通り5月15日  今年一発目の種まきは一粒万倍日である5/15 …

畑開墾の相棒たち

 皆さんこんにちは。丸太です。今回は畑開墾に使った我が相棒たちをご紹介しようと思います。あま特筆すべきものは使っていませんが、時には拗ね、時にはがんばっちゃってくれている頼もしいやつらでございます。今 …

今年度の綿の収穫がやっと終了いたしました

こんにちは、丸太です。 昨日やればいいものを昨日はどうしても外せない用事があったので今日になっちゃいました。昨日だったらポカポカ陽気の中でできたのにねえ。 綿と綿 まず最初に「わた」の表記の説明からさ …

今年も綿花の栽培のスタートです

畑の位置を変えよう 綿花畑(とはいっても狭いものですが)はお隣の地主さんの厚意で場所をお借りしています。去年はちょっと遠慮もあり、入り口に近いところを耕して畑にしました。(ミニ耕運機使用です)もともと …

このサイトについて

50歳になった年度末に退職し、田舎暮らしに向けて準備中です。
 在職中からセルフビルドに取り組んでいましたが、モチベーションが下がり放置したものを再構築します。
 この地で何をしたいのか。何ができるのか模索の過程をご覧いただけたらと思います。
 なお、「回り道の途中で」も併せてよろしくお願いいたします。

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728